腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

オスグット・シュラッタ―病

2015/10/27

ひざ周辺の、スポーツ障害及び成長期の痛みで多い、

オスグッド・シュラッタ―病です。

 

武蔵小山は、

 

原因と病態は・・・

 

10~15歳の成長期の子供で、スポーツ活動が盛んになってくるにつれオスグッド・シュラッタ―病の発症頻度も高くなってきます。

 

オスグッド・シュラッタ―病に大きく関与してくる筋肉は、大腿四頭筋(太ももの前に付く筋肉)と言われます。大腿四頭筋は、膝蓋骨を経由して脛骨粗面に付着します。

 

主な作用としては膝を伸ばす力として働きます。

 

膝の曲げ伸ばし繰り返しによって、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を引っ張るために、成長期で、未熟な脛骨結節に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

 

症状は・・・

 

大腿四頭筋に引っ張られる事によって、脛骨結節が徐々に突出してきて、痛身が出てきます。腫れたり、熱を持ったり事もあります。

安静にしている時は痛みありませんが、スポーツを始めると痛みが再発します。

発育期のスポーツ活動を盛んにしている子供に起こりやすいのが特徴です。

 

ただし、スポーツ障害でもありますが、また成長期の子供にもよく似られる障害でもあります。

 

対処法は・・

 

運動など痛みが出るような事は中止しましょう。

患部に、腫れや熱感がある場合はアイシングをしましょう。

原因である、大腿四頭筋の緊張をストレッチなどでとりましょう。

その他、テーピングやサポーターで、膝や骨粗面周辺を固定しましょう。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up