腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

鵞足炎(がそくえん)

2015/11/06

鵞足炎(がそくえん)は、膝関節の痛みになります。

 

鵞足部の構造

.

大腿部の内側や後面にある、半腱様筋(はんけんようきん)、薄筋(はくきん)、縫工筋(ほうこうきん)の3つの筋肉の腱が、腱膜状に広がり脛骨粗面の内側にまとまって停止しています。その停止している腱の形が、水かきをもつガチョウの足に似ている事から鵞足と呼ばれています。

 

鵞足炎の原因と病態

 

鵞足部の炎症・痛みになります。

鵞足は内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)の表面にあります。

膝の曲げ伸ばし時に、内側副靭帯との摩擦によって痛みが発症していると思われます。その他、ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つで構成)の一部である半腱様筋や薄筋、縫工筋の緊張が強いと鵞足部の痛みの原因にもなりますが、いわゆる、使いすぎ(オーバーユース)による事が多いと言われています。

.

鵞足炎症状

.

走る・跳ぶ・蹴るなどの動作の時に、膝関節の内下方に痛みが出る事が多いです。

 

鵞足炎のセルフケア.

 

基本的には患部のアイシングや大腿部内側・後面のストレッチになります。

その他、協議を行う時はテーピングおいて行ってもいいです(治療する側としては勧めません)が、痛みが強くなる時は中止してください。

比較的、短い期間の安静で症状は軽減する事が多いですが、

練習内容や強度によっては再発のケースも比較的高い疾患だと思います。

 

鵞足炎の発症後は、練習法や練習強度の見直しをする事が良いかもしれません。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up