腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

ばね指(弾発指)

2015/11/17

ばね指(弾発指)は指を曲げ伸ばしする時に、

引っ掛かる感じや曲げ伸ばしがしづらくなる等の症状があります。

主な原因は、使い過ぎによるものが多いです。

比較的、親指や中指に多く見られます。

更年期の女性や指を頻繁に使う人やスポーツ選手に多い疾患になります。

 

ばね指(弾発指)の病態と原因

 

手首や指の曲げ伸ばしをする筋肉は、前腕(肘~手首にかけての部分)にあります。

その力を筋肉や腱が伝え手首や指が曲げ伸ばしをしています。

指を曲げる筋肉や腱が浮き上がらない様にベルトの様な物で押さえています。

 

これは指にも部分的にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり過ぎたり、使い過ぎで炎症が生じる事があります。があります。

 

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こす事を【腱鞘炎】と呼びます。

さらに症状が進むと腱鞘や腱が厚くなり、指に引っ掛かりを覚えばね現象が起こります。この事を【ばね指(弾発指)】と呼びます。

 

ばね指(弾発指)の症状

 

症状によっては、患部の腫れや熱感を感じる事もあります。しかし、痛み自体はそれほどないと言われています。

指の引っ掛かり感があり、スムーズな曲げ伸ばしができなくなります。

朝に症状が強い気がします。日中になってくると、引っ掛かり感などは、軽減する事が多いと思います。

さらに悪化すると指が曲がらなくなる事がおおいです。

 

ばね指(弾発指)のケア

 

使い過ぎが原因となる事が多いので、患部の安静が一番良いとおもいます。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up