腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

半月板損傷

2015/12/01

半月板損傷は、スポーツ活動時に発症する事が多いですが、加齢と共に起こる事もあると言われています。症状の軽度の場合などは、鍼灸院や接骨院でも、リハビリとして通われるかもいます。

 

半月板の構造

 

半月板は、大腿骨と脛骨の間にあります。半月板とは言いますが、実際は三日月に近い形状の組織で、内側と外側にそれぞれあります。

主な役割は、膝関節の適合性や安定性を高め、膝にかかる衝撃などを吸収してくれるクッションの役目をしてくれます。

 

半月板損傷の原因・病態

 

日常生活やスポーツ活動中などで、強く膝を捻る等の動作で発症する事が多いと思います。ジャンプの着地時など、膝関節が曲がっている状態で膝に捻りが加わると、膝に荷重が加わりストレスとなり、半月板損傷又は、断裂を起こすと考えられます。

また、水泳の平泳ぎやランニングなどでも起こる可能性があります。平泳ぎは、膝に捻りの動作が繰り返し加わる為発症します。

その他でも、内側半月板は、一部が内側側副靭帯などが付着していて、内側側副靭帯の損傷などで内側半月板損傷を合併する事があります。

 

半月板損傷の症状

 

軽度の半月板損傷であれば、膝の腫れた痛みなどの症状が少ない物もありますが、大抵の場合は、膝の腫れ、屈伸時に痛みの誘発と同時に、コリッとした音(クリック音)がする事があります。その他にも、曲げた膝が伸びない(ロッキング)等の症状も見られます。膝関節部に水が溜まる事や発症直後の場合は、血液が溜まっている事もあります。

 

半月板損傷のケア

 

症状の軽度の半月板損傷は、保存療法の対象になります。受傷直後は、患部の安静・固定を行いますが、筋肉の萎縮防止や痛みの緩和を目的とした、大腿四頭筋や膝関節周囲の筋力強化などもしていきます。

しかし、膝を伸ばす時に、痛みを伴いながらクリック音のある場合や伸びない場合は、手術が適応となる場合もあります。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up