腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

アキレス腱炎

2015/12/11

アキレス腱炎は、使い過ぎによるオーバーユースで発症する事が多いです。

アキレス腱の名前は、ギリシャ神話に出てくるアキレスに由来しています。

母親が、息子を溺愛し不死身の肉体にしようとし、冥府の川ステュクスにアキレスを浸からせたが、かかとを掴んでいたため、その部分だけが生身であり唯一の弱点になってしまったと言われています。その後の戦争で、かかとを弓で射抜かれ命を落としまった。この事から、スポーツ選手のアキレス腱断裂などは、選手生命にかかわる大きな怪我の代名詞として使われています。

 

アキレス腱の構造

皆さまご存じアキレス腱。

場所は、足首の後ろに存在する硬く筋張った腱がアキレス腱です。

主に腓腹筋とヒラメ筋が合流して作られるふくらはぎの下半分ぐらいの位置で、

アキレス腱を形成し、かかとに付いています。

 

アキレス腱炎の病態・原因

一般的には、使い過ぎが原因となって発症する事が多いと思います

スポーツ障害の中では、発症頻度が比較的高いと思います。

繰り返しの動作によるストレスによって、アキレス腱に小さな傷などが起こり発症していくと考えられます。

 

アキレス腱炎の症状

アキレス腱部の腫脹や熱感、押さえると痛みが増強します。朝起きた時など動き始めに痛みが強く出る事が多いと思います。

症状を放置して、スポーツなどを続けて悪化してくると安静にしていても痛みが出てくる事もあります。アキレス腱やふくらはぎを伸ばす動きをする時に疼痛が強くなります。

 

アキレス腱炎のケア

患部の安静やアイシングが基本になってくると思います。

痛みが強い場合には、運動の中止やサポーター、テーピングによる患部の固定も有効な場合もあります。

患部の痛みが取れてきてから、ストレッチなどの軽い運動から始め、

徐々に運動強度を上げていきましょう。

運動前後のストレッチや運動後のアイシングなどは忘れずに行いましょう。

 

勿論、マッサージや鍼灸治療も有効な治療の一つになります。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up