腰痛でお悩みの方は武蔵小山の接骨院【梅沢鍼灸接骨院】

お知らせ

肩関節痛について2

2015/10/19

武蔵小山は、青空です。

気持ちのいいお天気です。

 

前回は肩関節の構造をしました。

 

本日から本題に入っていきましょう。

 

まずは・・・

 

そもそも【五十肩】って何?

 

50代前後の方に多い肩関節の痛みの事を、

いわゆる【五十肩】と呼んでいます。

 

50代前後の方を中心として、肩関節周囲組織の退行性変化(組織・細胞などの減少)を基盤とし、明らかな原因がなく発症し、肩関節の痛みと運動障害を認めるものです。

 

大まかに定義づけをするとこんな感じだと思います。

 

※【五十肩】は、元の辿ると上腕二頭筋長頭腱炎や腱板炎が原因となって、【五十肩】へ移行している事が多い。

 

【五十肩】の経過は大きく分けると・・・

 

「疼痛期」と「拘縮期」に分ける事が出来ます。。

 

 まずは『疼痛期』ですが、急に痛みが強くなるというよりは、肩関節の痛みが徐々に強くなり、運動時に痛みの為、可動域制限が出てきます。

 

その後に、安静時痛(じっとしていても痛い)や夜間痛(痛みの為眠れない)が出てきます。これぐらい症状が出てきますと、肩関節に腫脹(腫れ)や熱感(触ると熱い)も出ていると思います。

 

その痛みのピークが過ぎてくると今度は・・・

 

徐々に関節の可動域(動く範囲)が狭くなってくる『拘縮期』がやってきます。

この時期は、はじめは動かす時肩関節に痛みがありますが、そのうちに肩関節の痛みはなくなってきます。

 

『疼痛期』には安静、痛みが完全に無くなった『拘縮期』運動をしていきますと、次第に元の関節可動域に戻ってこると思います。

 

治療は、

 

『疼痛期』には痛みの緩和を、

『拘縮期』には可動域の改善を目的として行っていきます。

 

一説に、【五十肩】は治療をせずに自然治癒を末と・・・

 

3~5年ぐらいかかるとも言われています。

 

本日はここまで。

 

肩こり、腰痛やひざの痛み、スポーツ障害や

美容鍼灸、お身体の不調は、

梅沢鍼灸接骨院に、ご相談ください。

 

※勿論、五十肩も治療します。

<< 一覧へ戻る

お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745 梅沢鍼灸接骨院

エキテン口コミランキングNO1

information

梅沢鍼灸接骨院
〒142-0062
東京都品川区小山3-25-11-201
エルアルカサル武蔵小山

首や肩のこり等の慢性的な痛みから突発的な痛みまで、武蔵小山の鍼灸院【梅沢鍼灸接骨院】にお任せください!また当院ではスポーツなどによって起こったケガや痛みにも対応いたします。お気軽にお問い合わせ・ご予約ください。

  • お問い合わせ/ご予約はこちら 03-6426-6745
  • MAIL FORM ※往診や時間外診療につきましては、ご相談ください。

Page Up